2014年10月アーカイブ

エボラをどう防ぐのか

| トラックバック(0)
これはひどい
って思う事ないですか。
ありましょね。

ワタシはあります。

それは国際社会のエボラに対する取り組みです。

何故渡航制限をかけないのか。
何故西アフリカの感染発生源から、
入国した人間を
強制隔離しないのか。

そう思います。

人権の問題がある?
だからなに?
って思いませんか?

人権を守ると、人の命がまもられるんですかね?
不特定多数の命。
多くの人たちの命。
これを守ることこそが、
政府とか国を守るトップに求められるものだと思います。

エボラ出血熱。
2日から3週間ほど
潜伏機関があり、それは人によって違うといいます。

だから、空港ですでに発症している人は、
空港で捕まえることができるけど、
発症していないと、
空港で抑えることはできないわけです。

つまり、空港でエボラを抑えることはできないんですね。
だからこそ、どんどんと感染者が世界中に拡大しているわけです。
恐ろしい事です。

はい。
またです。
またやりました。
他国の業績を、自分たちのものだといって、盗み取る。
そういう
ゴミ屑
みたいな民族がいるの?
またまた、いないでしょ。
人間としてそれは恥ずかしい事だしね。
だって、看板だけ付け替えても、
むなしいだけでしょ。
真実はかわらないんだから。

って思っているアナタ。

それは、ホモサピエンス種の考えです。
人類はそう考えますが、
となりの国に住んでいる
ホモファビョリスには全く通用しない考えなんですね。

人類と同じ姿かたちをしているので、
人類は我々と同じような価値観を持っているものと認識しますが、
それは、我々人類の大いなる勘違いである。
という事は、もう世界中の人に知れ渡りつつありますね。

先日行われていた、
仁川アジア大会でも、参加各国のみならず
欧米からも韓国人がどれだけ屑であるか。
我々人類とは違い生物であるかを、必死にアピールしていましたね。

不正・不正・不正。
最後から最後まで不正の嵐。
それが韓国人です。

グアムに日本企業がつくったKOBAN
そこに、でかでかとハングル文字が賭けられました。
地元でレンタカー店を営む韓国人が費用を出してかけたものだそうです。

何故日本が作ったKOBANに
ハングル文字が書いてあるのか。
簡単ですね。

このまともな歴史のない不様なクソ民族は、
日本の実績をかすめ取り、韓国のおかげでKOBANが建っている
という事にしたわけです。

地元の日系人の抗議で撤去されたそうですが、
こういうことをしなければならない。
というのが、韓国人というクソ生物の迷惑さを良く表していますね。

このアーカイブについて

このページには、2014年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年9月です。

次のアーカイブは2014年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。